スマートウォッチ完全比較!何が違うの?「Apple Watch」と「Fitbit」

スマートウォッチというとランニングや水泳時のスポーツをするときの計測に使うイメージが強いです。

一番有名なApple WatchはiPhoneと連携してアプリが使えたり、キャッシュレス機能なども利用することが出来、

スマホと違った便利機能を搭載したスマートウォッチもあります。

ぞーさん
腕時計でキャッシュレス機能は便利だね!

Apple社のApple Watch以外のスマートウォッチでも様々機能を搭載しているデバイスがあり、

睡眠管理機能や音声認識機能を搭載したものもあります。

スマートウォッチは各メーカーから販売されてきて多種多様となってきましたが、

スマートウォッチを一言でいうと「活動量や睡眠を見える化するガジェット」になります。

 

私がスマートウォッチに興味を持ったのは不眠症で悩んでいたのがきっかけです。

寝つけない日々が続き、なんとなく横にはなっているがいつ寝れているのか分からない状況でした。

そこで調べていたら、睡眠状態を計測できるFitbitフィットビット社のスマートウォッチを知りました。

ぞーさん
睡眠が計測できるなんて知らなかった〜

Fitbitフィットビット社以外にも睡眠計測が出来るスマートウォッチはたくさんあります。

そしてスマートウォッチというカテゴリーにはフィットネストラッカーというカテゴリーがあり、

Fitbitフィットビットは活動量計測に特化したフィットネストラッカーに分類されます。

見た目は同じに見えても機能が全然違うのです。

こんな方に読んでほしい
icon-check-square-o スマートウォッチ ってどんな何ができるの?
icon-check-square-o Apple Watchは知ってるけど他にもあるの?
icon-check-square-o いろいろあるけど違いがわからない

 

ぞーさん

今回は

Fitbitフィットビット」と「Apple Watch」の違いについてわかりやすく説明します。

 

 icon-arrow-circle-right合わせて読みたい\Apple Watch Series 5とFitbitフィットビット Versa 2が発売されました!/

最新機種情報はまとめ記事を読んでください

 

Fitbit」と「Apple Watch」はどんなスマートウォッチ?

スマートウォッチとひとくくりで言っても機能面ではかなり異なります。

Fitbitフィットビット」と「Apple Watch」はそれぞれどんなモデルがあるのでしょう。

Apple Watchのモデル

Apple Watchには大きく分けて、GPSモデルGPS+セルラーモデルがあります。

「Apple Watch」の2モデルの違い

 icon-check GPSモデル    

    :単体で通信が出来ない。iPhoneに連携して通信する。

  GPS+セルラーモデル    

    :単体で通信が出来る。通信費用がかかる。

 

Apple Watchと言っても、2モデルで大きく仕様が異なります。

ぞーさん
GPSモデルはiPhoneを常に携帯していれば月々の費用はかからないんだね。

また、「GPS」か「GPS + セルラー」にするか以外にも選択肢として、本体の素材の違いがあります。

Apple Watch Series 5モデルの場合

 

  • アルミ     GPS、GPS + セルラー
  • ステンレス   GPS + セルラーのみ
  • チタニウム   GPS + セルラーのみ
  • セラミック   GPS + セルラーのみ

 

つまりアルミ以外のApple Watchが使いたい場合はGPS + セルラーモデルとなってしまいます。

ぞーさん
えっ!GPSモデルが良い場合、ステンレスは使えないの・・・・

 

GPS + セルラーモデルを選んでもセルラー契約をしなければ、実質GPSモデルとして使用する事ができます。

その場合は月額の通信費もかかりません!

セルラーモデルの月額費用

セルラーモデルは下記の3キャリアのみでiPhoneのキャリアと同じ事が条件となります。

キャリア 月額費用
DoCoMo ¥500/月
au ¥350/月
softbank ¥350/月

 

格安SIMでiPhoneを使うならGPSモデル

格安SIMでiPhoneを使っている、使いたいという方はGPSモデルとなります。

つまりApple Watch単体で通信が出来ないというを覚悟できれば格安SIMで行けるのです。

それは使い方次第となりますがぞーさん的にはiPhoneは基本身の回りにあるのでそんなに支障はないと思います。

格安SIMで無駄な月額費用をかけたくないという方には、格安DTI SIM がおすすめです。

 

Fitbitのモデル

こちらも様々なモデルがあります。

その中でも睡眠管理をするモデルとなると、Fitbitフィットビット Charge3Fitbitフィットビット Versaになります。

こちらの2モデルですが、Apple Watchと比較すると実はスマートウォッチというよりは、フィットネストラッカーと見ていただいた方が良いです。

つまり、Fitbitフィットビットは活動量データを管理することに特化したスマートウォッチになります。

見た目も大きく違いがあり、

Fitbitフィットビット Charge3」と「Fitbitフィットビット Versa」の主な違い

 icon-check Fitbitフィットビット Charge3は細身     

  Fitbitフィットビット Versaは画面が大きい

 

という特徴になります。

引用:Fitbitホームページより

chargeは細身で私はこっちの方が着けやすい

 

引用:Fitbitホームページより

ぞーさん
僕は画面が大きいversaの方が見やすくて良いな

 

\ぞーさんはこちらFitbitフィットビット versaを使っています!画面が大きく見やすい!/

 

今回はApple Watch」、「Fitbit Charge3」、「Fitbit Versa」の3モデルで比較してみます。

 icon-arrow-circle-right 合わせて読みたいFitbitフィットビット Versaシリーズの新機種が2019年9月24日に発売されました!/



  

 

「Apple Watch」と「Fitbit Charge3/versa」が共通して出来る便利なこと

Fitbitフィットビット」と「Apple Watch」をカテゴリーで分けると

「Apple Watch」と「Fitbitフィットビット」のカテゴリーの違い

icon-check 「Apple Watch」はスマートウォッチ

icon-check  「Fitbitフィットビット」はフィットネストラッカー(スマートウォッチ風)

となります。

カテゴリーで分けるとFitbitフィットビットは活動量計測に特化したフィットネストラッカーとなり、Apple Watchとは異なります。

同じ土俵で比較するにはちょっと違います。

しかしFitbitフィットビットも優れた機能を搭載してます。

Fitbit」と「Apple Watch」の共通機能

 icon-check-square-o 通知機能

カバンに入っているスマホの通知を受け取れるのは便利です。

カバンにしまっているとリアルタイムにチェックできないことが多々あります。

icon-check-square-o心拍数、歩数、サイクリング、ランニング等の活動量計測

スマートウォッチの基本機能、活動量計測になります。

どちらも計測結果はスマホに連携して確認する事が出来るのでとても管理が楽です。

スマートウォッチを利用したら活動量を毎日チェックして、健康への意識改善効果は期待できます。

icon-check-square-o睡眠管理

これは私が一番使いたい機能です。自分がどれだけ深い睡眠を取れているのか。

これを管理したいのです。

睡眠をデータとして見える化されるのはスマートウォッチの機能としてポイントが高いです。

しかも毎日計測され、データ分析も出来ます。

 

でも、計測してその結果、どうなるの?
ぞーさん
そんなことを言うと身も蓋もないんだけど・・・・、まずは状況を把握が大事なの!

しかし、どのようにして睡眠計測って出来るのでしょうか。

どうも心拍数の変化で判断しているようです。

詳細についてはこちらの記事を見てみてください

関連記事

そもそも睡眠計測ってどうしてできるんでしょうか?しかもちゃんと計測できるのか?そんな疑問についてはこちらの記事を読んでください。

Fitbitフィットビットはどのようにして睡眠計測をしているの?

POINT

 

Fitbitフィットビット versaはカテゴリーはフィットネストラッカーになるが、スマートウォッチにある機能も多く搭載している

 

ぞーさん
自分の必要な機能がFitbitフィットビット versaに搭載していれば、2万円以下で購入出来るしおすすめです!

Apple Watchの出来ること

 

次にApple Watchにしか出来ないこと

Apple Payでスマート決済

クレジットカードやSuicaといった交通系ICカードを登録しておけば、タッチするだけで決済出来る

スマホを取り出すより腕時計の方が便利です。

地図・ナビアプリ

間違いなく便利な機能。車載ナビより賢いのでとても便利です。

 

ぞーさん
僕は自転車を乗るから、信号待ちでいちいちスマホを出すのが面倒だからすごい便利。

電話をかける・応答する

外出先で電話すると周りの人に聞こえてしまうので話せませんが、家だったらちょっと手が放せない状況でiPhoneが持てない場合はApple Watchは良いと思います。

ぞーさん
ちょっと外出先では出来ないね。
料理中、手が使えないときは便利!

 

但し、電話機能はGPS + セルラーモデルとなります。

またiPhoneと同じキャリアでないとApple Watchは契約できません。

しかも使えるキャリアはドコモ・au・ソフトバンクに限られます。

注意

ドコモ・au・ソフトバンク以外のキャリア、格安SIMでiPhoneを使っている場合はApple Watchのセルラーモデルの契約はできないのです。

 

Apple Watchからカメラをリモート

タイマー機能でも撮影できますが、自分のタイミングで撮影できるのは便利です。

あれば絶対に使います。

ぞーさん
この機能に慣れたら、ないと不便に感じそう。

豊富なアプリをインストール出来る!

Apple Watchの優れているところは豊富なアプリがあるところです。

ユーザーが必要なアプリをインストールする事が出来るのでとても拡張性が高いです。

ちょっと大げさに言うとスマホが腕時計になったと言うイメージです。

ぞーさん
Apple Watchの一番の良さは豊富なアプリで、機能を拡張できるところだね!

 

Fitbit Charge3/versa」に出来ること

Fitbitフィットビット Charge3とFitbitフィットビット versaの違いとしては本体の大きさが違うことと、

Versaは300曲の音楽の保存と再生ができます。

それ以外はほぼ同じ機能になります。

 icon-check-square-o 健康状態と心臓の状態をさらに詳しく知る

 icon-check-square-o 睡眠を自動的に記録

 icon-check-square-o 水泳にも対応

 icon-check-square-o プールでのタイム測定やシャワーを浴びることもできます。 

 icon-check-square-o 一日中、消費カロリーを測定

と言うような、活動量データの管理に特化した計測は一通りでき、アプリの完成度も高いです

< スペック比較表 >

※スマホの方は横にスクロール出来ます。

  Apple Watch4 GPS 44mm Fitbitフィットビット Versa Fitbitフィットビット Charge3(H30年11月発売)
センサー GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
気圧高度計
光学式心拍センサー
進化した加速度センサー(最大32G)
進化したジャイロスコープ
環境光センサー
電気心拍センサー
3 軸加速度計
3 軸ジャイロスコープ
光学式心拍数モニター
高度計
環境光センサー
SpO2 センサー
振動モーター
WiFi アンテナ (802.11b/g/n)
NFC
3 軸加速度計
光学式心拍数モニター
高度計
振動モーター
相対的 SpO2 センサー
NFC
耐水性能 50メートル 50メートル 50メートル
バッテリー駆動時間 最大18時間 4日間以上 最大7日間
価格 48,800 26,000 19,980
キャッシュレスの決済機能 有(スペシャルエディションのみ)

icon-arrow-circle-right 合わせて読みたい

注意!Fitbitに出来ないこと

Fitbitフィットビット ChargeとFitbitフィットビット versaの機能にキャッシュレス決済機能があります。

これは私も気になっていた機能です。

キャッシュレス決済というと改札を腕時計をかざすだけで通過できるというイメージです。

結論からいうとFitbitフィットビットはまだSuicaは使えません。

ぞーさん
え!そうなの。 ちょっと期待していた機能だったんだけど

日本ではFitbitフィットビットのキャッシュレス機能 Fitbitフィットビット Payは、NFC決済の電子マネーを搭載することができます。

しかし、NFC決済を搭載しても、おサイフケータイ(FeliCa)を搭載していない為、EdyやSuicaを使うことは出来ません。

なので、日本では現状、キャッシュレス決済機能は未対応となります

まとめ

 icon-hand-o-right 「Apple Watch」と「Fitbitフィットビット」の違いのまとめicon-check-square-o拡張性を求めるなら「Apple Watch」 
icon-check-square-o バッテリーが7日間持つ・装着感がコンパクト・コスパが良い、「Fitbitフィットビット Charge3」 
icon-check-square-o 画面が大きく操作しやすく、見やすいのは「Fitbitフィットビット versa」

 

健康に関する機能、計測としてはほぼ同じになります。

しかし、健康管理以外の機能や拡張性を求めるなら「Apple Watch」になります。

純粋に活動量データの計測がしたいという方は、バッテリーが7日間持つ・装着感がコンパクト・コスパが良い、「Fitbitフィットビット Charge3」が良いと思います。

Fitbitフィットビットでも画面が大きく操作しやすく、見やすいのは「Fitbitフィットビット versa」になります。

また、注意点として、Fitbitフィットビットのキャッシュレス決済は現状、日本では対応出来ていません。

以上の特徴で自分の使い方にあうスマートウォッチ を選んで頂ければ間違いはありません。

 

 

icon-arrow-circle-right 合わせて読みたい

プロフィール

妻と6歳の息子と3人暮らしの44歳のぞーさんです。40過ぎて体力の衰え、睡眠不足に悩みスマートウォッチに出会いました。「健康の見える化」にFitbit Versaを使い始め1年。Fitbitの良さを発信しています。このブログでは「人生を楽しく・健康に暮らすためのスマートなモノ」をテーマにしています。みなさんにお役に立てるような情報を発信していきます。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です