GarminのスマートウォッチがSuica(スイカ)に対したよ!2020年5月21日より開始

日本でのスマートウォッチの電子決済対応が遅れている中、GarminのスマートウォッチがJR東日本のSuicaを利用できるようになります。

ぞーさん
スマートウォッチでSuicaが使えるのはApple Watchだけでした。

 

スマートウォッチで電子決済が使えると支払いがとってもスムーズになるのでとても便利です。

今回はSuicaに対応するGarminのスマートウォッチについてまとめました。

 icon-hand-o-right こんな方に読んでほしい icon-check-square-o Suicaに対応するGarminの機種はどれ?
icon-check-square-o Suicaに対応しているスマートウォッチはどれ?
icon-check-square-o Suica以外の電子決済は?

 

Android・iPhoneとペアリングして「Google Pay」で支払い

GarminのスマートウォッチでSuicaを利用するには、スマホでペアリングをします。スマホはAndroidスマートフォンもしくはiPhoneに対応しています。既に利用しているSuicaとは別にGarminスマートウォッチ用にSuicaを発行します。

ぞーさん
今までのスイカは使えません!別に用意が必要です。

 

Garminの専用アプリから「Google Pay」を使ってチャージして支払います。

ぞーさん
定期券も利用できないので注意です。

 

Suicaが使えるスマートウォッチはApple WatchとGarminだけ

日本では電子決済システムの規格の問題などでまだまだスマートウオッチの電子決済が使える機種は限られています。

Suicaに関しては今まではApple Watchしか使えませんでした。そのため、GarminがSuicaに対応したことは、利用者にとってもインパクトが大きいです。

しかし、GarminはFelica決済に対応していないので、Edy、iDが使えません。Felica対応はApple WatchとSonyのwena wristのみ。。。

wena wristはバンド部に本体を搭載しているので、Garminとwena wristを組み合わせて(合体)して使えば、Suica、Edy、iD、QUICPay、NFC VISAが使えるスマートウオッチになる!

ぞーさん
それでもPayPayは使えないなぁ・・・

 

電子決済への対応は、やっぱりApple Watchが最強ですね。

スマートウォッチの電子決済対応5社比較!Apple Watch・Huawei・Garmin・Fitbitどれが良い?

2020年5月9日

SONY wena wrist ソニーのスマートウォッチを分かりやすく紹介

2019年7月19日

Google Payで支払うメリットとは

スマートウォッチで電子決済「Google Pay」を利用できるメリットとは何があるのでしょうか。

  • 支払いがスムーズになる。
  • ポイント還元がある。

Suicaは日本全国の約5,000駅約5万台のバス、電子マネーとして約94万店舗(2020年3月末時点)で利用できる。また、モバイルSuicaの利用金額の2%がJRE POINTで還元される。

 

Suicaが利用できるGarminスマートウォッチの対応機種はどれ?

今回、Suicaに対応するのは12機種となります。Garminのほとんどの機種が対応することになります。価格帯もそれぞれ違うので自分に合ったスマートウォッチの中から対応機種が選べるのでとても嬉しいです。

VIVOACTIVE 4/4S

  • GPS内蔵
  • 最大5日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応
  • 4万円以下

 

VENU

  • 高画質タッチ式スマートウォッチ
  • GPS内蔵
  • 最大5日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

 

LEGACY HERO

  • マーベル シリーズデザイン
  • GPS内蔵
  • 最大5日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

 

LEGACY SAGA

  • スター・ウォーズスペシャルエディション
  • GPS内蔵
  • 最大5日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

VIVOMOVE STYLE

  • アナログ腕時計にスマートウォッチ機能を搭載したモデル

VIVOMOVE LUXE

  • アナログ腕時計にスマートウォッチ機能を搭載したモデル

VIVOMOVE 3/3S

  • アナログ腕時計にスマートウォッチ機能を搭載したモデル
  • 3万円以下

FENIX 6

  • GPS内蔵
  • 最大13日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

FENIX 6S

  • GPS内蔵
  • 最大9日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

FENIX 6X

  • GPS内蔵
  • 最大21日間駆動
  • 音楽再生機能、Amazon Music対応

FENIX 6X PRO DUAL POWER

  • ソーラー充電機能搭載
  • ハイエンドモデル
  • 大型1.4インチディスプレイ
  • 心拍計搭載

APPROACH S62

  • GPS 内蔵ゴルフ用スマートウォッチ

まとめ

スマートウォッチの電子決済サービスの対応がまだ少ない中、GarminがSuicaへ対応したことで一歩リードしました。

Suica利用者にとっては便利なスマートウォッチになりました。

今後も電子決済対応が変化していくスマートウォッチ、目が離せません。

プロフィール

妻と7歳の息子と3人暮らしの44歳のぞーさんです。40過ぎて体力の衰え、睡眠不足に悩みスマートウォッチに出会いました。「健康の見える化」にFitbit Versaを使い始め1年。Fitbitの良さを発信しています。このブログでは「人生を楽しく・健康に暮らすためのスマートなモノ」をテーマにしています。みなさんにお役に立てるような情報を発信していきます。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です