【おすすめBluetoothイヤホン5選】Fitbit Versaと相性抜群!音楽を聴く手順を解説

普段、イヤホンで音楽を聴きながら通勤してるんだけど、ぞーさんはコードのイヤホンを使っています。リュックからコードを伸ばして使っていると、リュックの荷物を取り出すだびに、ちょっとストレス。

ぞーさん
きっとコードのイヤホンの方が音質が良いはず!!

ずっと、音楽を聞くなら音質は譲れないと言い聞かせながら使い続けてきました。

けど、そんな意地をはるのも限界を感じ始めました。

それは、愛用しているスマートウオッチのFitbit Versaの存在でした。

Fitbit Versaは、寝るときは睡眠計測、通勤の自転車や休みの時の運動のときは活動量計測など、とにかく24時間私と一緒に過ごしている相棒です。

そんなFitbit Versaには音楽データを保存して聞くことも出来るのです。

そこで必要になるのが、「 Bluetoothイヤホン 」なんです。

せっかくある機能なのでちょっと調べてみると、どうも便利な機能なので記事にしてみました。

 icon-hand-o-right こんな方に読んでほしい icon-check-square-o スマートウオッチで音楽が聞くメリットが知りたい 
icon-check-square-o Fitbitで音楽を聴く方法が知りたい

スマートウオッチで音楽を聴くと何が良いの?

音楽を聴く手段はたくさんあります。

専用の携帯音楽プレーヤーやスマホでも音楽を聴くことができます。

ではスマートウオッチで音楽を聞けるメリットは何なのでしょうか。

ズバリ、「 操作性です 」。

運動時は特に操作性が重要です。ジョキングしながら曲を飛ばしたりなどの操作をする場合にスマホなどの操作は危険です。

しかし、腕に固定されているスマートウオッチなら、ポケットから取り出す必要もなく簡単に操作することができます。

今後、スマートウオッチで出来ることというのはどんどん広がってゆくと思います。それはスマートに使えるデバイスだからです。

Bluetoothイヤホンもタイプがある

Bluetoothイヤホンには大きく分けて、3つのタイプがあります。

完全独立型(トゥルーワイヤレスタイプ)

引用:Amazon.co.jp

イヤホンが独立しており、「完全ワイヤレスイヤホン」となります。

ケーブルが一切ないのでケーブルのストレスから完全に解放されます。

こちらのタイプは充電機能搭載の収納ケースで充電するものが基本で、ケースに入れておくだけで充電することができます。

メリット 完全独立型

 

軽量・コンパクト

ケーブルのストレスが全くない

 

デメリット 完全独立型

 

紛失する可能性がある

本体が大きめ

 

 

\ こちらは最大20時間連続再生 /

\ ハイレゾ対応!高音質ならこちら /

左右一体型

引用:Amazon.co.jp

 

左右のイヤホンがコードで繋がっている左右一体型タイプ。

首の後ろでコードをかけて使うタイプです。こちらはイヤホンも一体となっており、イヤホンだけ紛失したりする心配はありません。

Bluetoothイヤホンでは一般的なタイプになります。

メリット 左右一体型

ケーブルで繋がっているため、紛失しにくい

デメリット 左右一体型

左右はケーブルで繋がっているため、運動時に邪魔になる

 

 

\ こちら最大15時間連続再生です /

ネックバンド型

引用:Amazon.co.jp

左右のイヤホンが形状記憶素材等の硬いバンドで繋がっているネックバンド型タイプ。こちらは安定感があるため、スポーツの時に使用する型におすすめです。

メリット ネックバンド型

 

安定感がある

バッテリーを内臓しているモデルは駆動時間が長い

 

 

デメリット ネックバンド型

 

目立つ

がさばる

首に負担がかかる

 

 

Fitbit Versaで音楽を聴く方法は?【解説】

事前準備

Fitbit Versaで音楽を聴くために必要なもの

 

  • 音楽データが入っているパソコン
  • WiFi環境
  • パソコンに「iTune」をインストール
  • パソコンに「Fitbit Connect」をインストール
  • Bluetooth対応のイヤホン

 

iTuneのダウンロード

まずはパソコンに「iTune」をインストールします。

そしてiTuneで、Fitbit Versaで聴きたい曲をiTuneのプレイリストで作成します。

Fitbit Versaには、プレイリスト単位で転送します。

( https://www.apple.com/jp/itunes/download/ )

Fitbit Connectのダウンロード

次にパソコンに「Fitbit Connect」をインストールします。

Mac版 Fitbit Connectnのダウンロードはこちらから

( https://www.macupdate.com/app/mac/57585/fitbit-connect )

Fitbit Connectで曲を転送

インストールした「Fitbit Connect」を開きます。

左側の「Manage My Music」をクリック。

ログイン/パスワードを入力。

Fibtit Versaで操作

Fitbit Versaで「音楽」をタップし、「転送」をタップ。

すると、

FItbit Versaとパソコンが同期します。。。。。しばらく待機。

完了すると、パソコンの「Fitbit Connect」にiTuneのプレイリストが表示されます。

表示されたら、転送したいプレイリストを選択すると、転送が開始します。

そして、しばらく待つと。。。。

そして、Fitbit Versaにも曲が転送されました。

Fitbit VersaとBluetoothイヤホンで音楽を聴く

Fitbit Versaの「設定」画面を開きます。

その中の「Bluetooth(接続オプション)」をクリックします。

そこでデバイスを追加すると、接続されます。

「Fitbit Versa2」では何が変わったのか?

Fitbit Versa2では、Spotifyアプリをダウンロードすると、300曲以上の音楽が保存/再生できます。

これだけの曲がダウンロード出来れば、ウォーキングやジョギングの時でも、Fitbit Versa2だけで、快適に操作しながら使えます。

まとめ

ウォーキングやジョギングなどの運動時に音楽を聴くには、スマートウオッチでの操作が一番楽です。

Fitbit Versa2では、300曲以上の音楽データが保存出来て、快適に運動をすることが出来ます。

Fitbitの良いところは運動を継続してできる仕組みがいくつかあり、この音楽保存・再生もとても効果的です。

Fitbit Versaで音楽を持ち歩きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です