素人でも簡単一眼レフ!EOS Kissシリーズ!

一眼レフと言うと素人には扱えない扱いずらいと言うイメージ。

しかも素人が使ってそんなに違うのか?

宝の持ち腐れではと思っていました。

しかし子供の出産を機にちょっと気になり電気屋さんで聞いてみることに。。。

素人でも簡単一眼レフ

当初、2、3万のちょっとしたデジカメよりワンランク上のカメラでもと言うノリで電気屋さんへ。

お腹の大きい嫁を見て店員のおじさんは熱く写真について語りはじめました。

普通のデジカメと一眼レフの大きな違いの一つとして絞りです。

視写体にピントを合わせ背景をぼかす。これだけでちょっとプロが撮った写真になります。

そしてこれから子供が生まれる私たちが購入したカメラはcanon EOS Kiss X6i・ダブルズームキットです。

初めての一眼レフですが難しい設定無しで撮ることが出来ます。やはりスマホの画像とはちょっと違います。

思い出を色鮮やかに残す事が出来ます。
 

実際に撮影した写真

このような写真はスマホでは撮影できません。

連写速度の速さに驚き

Canon EOS Kiss X6iを使ってみて、連写速度の速さには驚きました。

被写体が動く場合はこの連写で撮影することにより、良い写真を逃さず撮影することができます。

自由気ままの子どもや動物などの撮影には欠かせない機能です。

持ち運びはちょっと大変

綺麗な写真を撮ることには一眼レフがベストですが、なんと言っても一眼レフは本体が大きいです。しかもレンズとなると持ち運びに神経を使います。

小さな子どもがいる方には、ただでさえ荷物が多いのにさらに一眼レフを持って撮影するのは大変なのは事実です。

そのため、スマホのように気軽にポケットから取り出して撮影するというわけにはいかないところは覚悟するしかありません。。。

ぞーさん
だけど、家へ帰って写真をみる度に一眼レフで撮って良かったといつも思います!

Canon EOS Kiss X6i レビュー

EOS

canon EOS X6iとグレゴリーで休日の多摩動物公園にて

EOS Kiss X6iは、前機種X5からデジタル一眼レフカメラ全体が苦手とするライブビュー時のAF(オートフォーカス)において、大胆な変革を行なった意欲作でした。

オートフォーカスとは

オートフォーカス (AutofocusAF) または自動焦点(じどうしょうてん)とは、カメラの焦点を、センサー・制御系・モーターなどを利用して自動的に合わせるシステムのこと。近年販売されているコンパクトカメラや一眼レフカメラのほとんどに装備されている。また、携帯電話やスマートフォンのカメラにも搭載されている場合が多い。アクティブ方式とパッシブ方式に大別される。AFと略されることがある。

引用:Wikipedia

ぞーさん
初心者のぞーさんでも背景をぼかしたりカッコいい写真が撮れます!

実際にオートフォーカスは従来のものより速くなっているのがわかりました。そのためピントが合う時間が短くなり、子どもなどの被写体を撮りたい!という瞬間を押さえることができます。

また、ぞーさんが購入したのはダブルズームキッドとなり、レンズが二つセットで7万円代というcanon EOSシリーズでした。

レンズを後から揃えるよりはとてもお得でした。

実際に素人のぞーさんが使うのは主に子どもの撮影がメインで、室内で撮影。

幼稚園などのイベントで屋外で撮影というシチュエーションなので2つのレンズがあれば十分対応できます。

ぞーさん
初めての一眼レフとしてはこのダブルズームキットはとても良かった!

基本撮影はAFで十分です。スマホ感覚で撮影できるので、初心者でも綺麗な写真がたくさん撮ることができます。

スマホと大きく違うのは光学レンズは光を取り込む量が一眼レフを多いところです。被写体が色鮮やかに撮ることができます。

初心者におすすめのEOS Kissシリーズ

ぞーさんが使っているcanon EOS X6iはもう既に販売しておりません。

2019年10月時点では「Canon EOS X9」が後継機種となります。

しかもこのEOS X9もダブルズームキットの設定があります。それも実際に7万円以下で購入出来るのです。

X6iから大きく違うのはWi-Fi ・Bluetoothを搭載したことです。

ぞーさん
Wi-Fi ・Bluetooth搭載は羨ましい。ぞーさんはSDカードでデータをパソコンに毎回送信しています!

まとめ

初心者の入門一眼レフでしたら、Canon EOS Kissシリーズのダブルズームキットがおすすめです。

スマホで十分と思っていたぞーさんでしたが一眼レフの画質の綺麗さには驚きです。

特に子どもが生まれてその成長過程、その一瞬を押さえるという時には絶対に一眼レフをおすすめします。

カメラを購入した時に子どもが生まれ、もう6歳になりました。これから幼稚園の卒業。小学校の入学式とイベントはまだまだ続きます。

是非、大切な思い出を色鮮やかな写真で記録しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です