リニア開発 相模原橋本駅が大きく変わる!

ぞーさん
私が住んでる町。相模原。どんな町か知らない人多い思うけど、これから大きく変わるし、きっと話題になる町なんです!

相模原の大きな開発に橋本リニア計画があります。

着々と橋本周辺も工事が始まり出しています。

リニアの計画で橋本がどのように変わっていくのでしょうか。

数年後には今の橋本は無くなってしまいます。

私が生まれ育った橋本はどのような町なのか記録としてまとめました。

こんな方に読んでほしい
icon-check-square-o リニア計画を知りたい
icon-check-square-o リニアの新駅「相模原市」ってどんな町?

関連記事
リニア計画駅のJR横浜線橋本駅と一駅となりの相模原駅の開発についてはこちらの記事

すごいぞ!相模原駅の開発はこちら

駅予定の橋本の状況(2018年9月)

2027年までにまず品川ー名古屋を結びます。

それほど先の話ではありません。

ぞーさん
あと10年もないぞ!
画伯5歳
僕が14歳だ!
ぞーさん
中学生か〜。そう言われると先に感じる・・・。

子供の成長は早い・・・・

これが繋がると橋本は都心へのアクセスも便利になり、首都圏の会社も橋本へ来るようになります。

今現在、橋本駅から1キロほど離れた橋本変電所前から工事が始まろうとしています。

2018.9.19の状況(国道16号橋本変電所前)
IMG_7050
橋本変電所前
IMG_7008
現場の仮囲いには小学生の絵が飾られています。

IMG_7007

作業予定です。

週間作業予定しかありませんでした。

IMG_7010

橋本はどんな街

橋本駅の近くには圏央道のインターチェンジ 相模原愛川もあり、東名高速道路、中央高速道路ともアクセスがよく物流の拠点としても便利です。

そして、橋本は緑区と中央区に挟まれるように位置しており、緑区は自然が豊かで中央区は商業施設があります。

橋本とは私にとって、子供のころはまず初めに買い物に行く街です。小学生ぐらいまでは橋本で十分した。当時はユニーやイトーヨーカドーがありました。

ぞーさん
おしゃれなお店やデパートはなかった。。。

中学生ぐらいになるとサッカーのアディダスのスパイクがほしいとかエドウィンのジーパンが欲しいとなってくると橋本では品揃えがないので、友達と町田へ行くようになります。

だいたい相模原市民はそうだと思います。

南区エリアでは相模大野、東林間があり、橋本エリアとはまた別に独立しています。

相模原も東西へ長くなっていて、緑区エリアと南区エリアでは全然違います。

相模原は緑区、中央区、南区と3つのエリアに分かれそれぞれ環境が異なり相模原の魅力にもなっています。

橋本の記録

そんな小さい頃から親しんでいた橋本ですが、寂しくもあり、楽しみでもあり複雑ですが変わってゆきます。

そのため、現在の橋本も残してゆきたいと思います。

▽橋本muweから見た相原高校。リニア駅計画地。

IMG_7023
▽相原高校南門
IMG_7005
▽リニア駅計画地(実際はこの地下になります。)
IMG_7004

まとめ

確実に橋本は開発されて大きく変わって行きます。

私が生まれ育った橋本の様子を今のうちに、写真に残してゆきたいです。

ちょっと寂しさもあり、期待もありという複雑な心境ですが思い出をしっかり残して行きたいと思います。

相模原関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です