すごいぞ!相模原駅の開発

最近、環境問題や環境破壊の影響の自然災害、高齢社会、非正規雇用問題等、将来に対して不安になるような問題ばかりです。

個人的にも40歳を過ぎて、会社でも責任が問われるようになり、職場の仲間の舵取り的なことや、家庭でも子供の教育のことやいろいろと背負うものが出てきています。

でもそれは望んでいた事だし、今の環境は幸せな事だと思います。

ただ個人的な事ではなく、やはり環境問題等々の社会全体の問題は個人ではどうすることも出来ないし、これからの子供達の将来を考えると、とても不安になるし暗い気持ちになります。

こんな方に読んでほしい icon-check-square-o リニア新幹線に興味のある方
icon-check-square-o 駅予定地の相模原を知らない方
icon-check-square-o 相模原市にお住いの方
icon-check-square-o 不動産価格が上昇する地域を探している方

リニアの駅予定地「橋本駅」の一駅となりの「相模原駅」

しかし、私の住む相模原市にはとても将来に希望を持てるような大きな計画があります。
しかも、そんな遠い話でもなく10年以内には形になってき出す計画です。
今は2020年東京オリンピックに注目が集まっていますが、それが終われば確実に相模原市は注目されるはずです。
それはご存知の橋本リニア駅(仮名)。
FullSizeRender

そしてそれと同時に進んでいる計画で1つ隣の駅、相模原駅の開発です。
こちらはちょっと注目度が弱いかもしれませんが、リニアと同じく大きな事業の1つになります。
それは、
  • 小田急多摩線延伸
  • 相模原北口 米軍基地返還地の開発
小田急多摩線は、現在の唐木田駅から延伸し、JR横浜線相模原駅とJR相模原線上溝駅を繋ぐという計画です。
相模原はJR横浜線とJR相模原線に挟まれるような位置で市の中心部の交通手段はバスしかありません。
その為、通勤時間は駅に向かう自転車が多く中国のような光景になります。
小田急線が延伸すれば確実に相模原から都心園へのアクセスと中心部に住んでいる人が駅に近くなります。
しかも平成39年に延伸完了予定!
FullSizeRender
それと相模原北口の開発です。米軍基地が返還された広大な土地があります。
そこへ市の施設やスポーツ施設、商業施設等々様々な計画があるようです。
個人的には是非とも緑を残しつつ環境配慮された街づくりをして頂きたいです。
市の計画をみるだけでとても楽しみです。今、このような大規模な計画は中々ないと思います。
FullSizeRender
FullSizeRender

相模原駅はまず中期計画では平成39年を目標に大きく変わります。10年後です。
そのほかの橋本の開発もありますが、間違いなくここ十数年をみても街開発としては大規模です。
相模原市民としては夢溢れる計画なので、是非とも緑と利便性をうまく融合させた街づくりを期待しております。

プロフィール

妻と7歳の息子と3人暮らしの44歳のぞーさんです。40過ぎて体力の衰え、睡眠不足に悩みスマートウォッチに出会いました。「健康の見える化」にFitbit Versaを使い始め1年。Fitbitの良さを発信しています。このブログでは「人生を楽しく・健康に暮らすためのスマートなモノ」をテーマにしています。みなさんにお役に立てるような情報を発信していきます。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です